夏の終わりかけ、暑い日の事だった。連日のオフパコがたたり体の節々が悲鳴をあげていたので、いつもの様に出張マッサージを利用しようと店主(同志)に電話。丁度良く以前に妊娠させてあげた娘が出張可能との事なので。日時を指定し撮る旨を伝えて予約完了。当日の準備を整えてその日を迎えたのであった。場所貸しだけでなく色々とサポートしてくれるいつものレンタルスペース。その雑居ビル入口のエレベーター前にマスクをしていても可愛いと分かる女子校生の姿があった。このビル内に女子校生が行きそうな場所なんてないはずだが。同じエレベーターに乗り込むと彼女は私が向かおうとしている5Fのボタンを押した。ふむ、パパ活っ子かな。しかし可愛い子だな、ロングな黒髪で前髪をぱっつん。シャンプーの良い匂いも漂わせている。少し釣ってみるか。「あれ…もしかして」『…?○○さんですか?』「(キタこれ)そうそう!早かったね!」『写真よりもずっとカッコいい』「ありがとうw腹回りはブヨブヨだけどねw」。まったく警戒心のない頭の弱い子でありがたく釣れた。楽しむ予定だったどこかのおっさんすまんな。エレベーターが止まり降りると迷うことなく部屋へ進もうとする彼女。恐らく部屋で待ち合わせていたのであろう。という事はおっさんの部屋に行こうとしているのか。「入った部屋が窓の無い部屋だったからちょっと変えてもらってくるね」『?はい』「こんなご時世だし多少は…ねw」『あぁぁw分りました』フロントの扉近くへ誘導しそこへ待機させる。おっさんが出てきても見えない死角ゾーンである。フロント内にて予約していた店にごめんなさいしてオーナーに予定変更を伝える。部屋は既に準備完了。彼女を招き入れて少し話を聞いてみる。どうやら手コキだけする約束のようだった。見せ金の札束をテーブルに置いて先ずはディープキス。甘い口臭に潤った唇、まとわりつく舌。それだけで私はフル勃起だった。彼女の手を股間に持っていき触らせるととてもいやらしい手つきでさすってくる。パンツを脱がしてもらい彼女の唾液をチンポに垂らさせ。ディープキスをしながら手コキさせる。まずい、本当に手コキだけで終わっちまう。慌てて飲みものを取りに行くと引っ込む私。お楽しみはこれからだ…。

※上玉《睡●姦》【意識不明援●精子タンク女子●生】★ほのかに甘く抑えきれないツユダクまん汁手でするだけのつもりが大量中出し★

おすすめの記事