うちの近所の、コンビニでバイトしている制服世代。
可愛くて、巨乳で、前々から目をつけていた。
身辺調査すること2週間、母親と二人暮らしで、母親は水商売で夜は在宅していないと判明。

友達と二人で、レEプすることに決定。
バイト帰りに尾行して、自宅の鍵を開けたところを、後ろからガバッと行く。

口をおさえて、部屋になだれ込む。
セーラー服がたまらない。

服の上から乱暴に揉む。
でかいと、わかる。
脱がして、生で揉む。
めちゃくちゃ柔らかい。

女の手を押さえつけ、抵抗できないようにする。
口元にサルグツワをして、パンツも脱がす。

ちょろ毛のエロいマンコ。
おびえていて、全然濡れていない。
が、コトは、スピーディに終わらせなくては。
濡れてないマンコに無理やりぶち込む。
ぎちぎちしているが、それがええねやがな。

女は痛そうだが、カンケイない。
俺は、気持ちいい。
腰をふって、巨乳をワシ掴みにして、めちゃくちゃにする。

怯えた表情で、ただ時が過ぎ去るのを待つ女。
この不条理がたまらない。
ぶるぶる震える体、オマンコに、容赦なく中出し。
スッキリ。

続けて友達も生でぶち込む。
バックで犯すのが好きな友達は、後ろから突きまくる。
尻を叩いて、動物扱いだ。
無論、中出し。

コトが終わったら、とっとと撤収。
女のスマホを回収して、個人情報は我々の手の中にあると釘をさす。
他言しようものなら、どうなるか、言わずともわかるだろう。
その効果があって、俺達は今もこうして楽しく暮らしている。

一連の流れは簡素と思えるかもしれないが、これが真実だ。
前戯だとか、女の快感だとかをいちいち考えているのはレEプじゃない。
時間をかけすぎるのも、本当ではない。
危ない橋を渡っているギリギリの緊張感。
時間との闘い。

S県N市206号室の巨乳ちゃんレEプ■濡れてないマンコにぶち込むのがええねやがな■

おすすめの記事