嫌だと言えない文学女子を声も出せない状況でひたすらサイレントレ○プ 夢乃あいか

犯〇れている事を誰にも知られたくなく口を抑えひたすら声を押し殺し行為が終わるのをただじっと耐えていました…!貴重な古書をなくした罪悪感と大人しい性格につけ込まれ大好きな図書室で無残にも犯〇れてしまう!「声出してもいいんだぜ!バレたらお前がこの学校にいられなくなるだけどな!」助けも呼べず恐怖に怯えただ泣くしかできなかった「夢乃」に歪んだ大人達は薄汚れたちんぽを次々に挿入させる!

おすすめの記事