人妻痴●電車~さわられた五十路母~ 深田さえこ

遠方に住む友人宅からの帰り道…久しぶりに電車で遠出して疲れきった冴子は、ウトウトと居眠りをしていた。だが次の瞬間はっと目が覚めると、じわじわと自分の太ももを撫で回す男の手に気づいた。突然の出来事に声も出せず、これが痴●なのだと認識したときには、すでに恐怖でされるがままに辱められ…。帰宅後もずっとあの痴●のことが頭から離れず忘れられない冴子。だがなんと冴子は痴●のことを思い出しながら自慰に耽ってしまい…。

おすすめの記事